もし、意中の彼女にそうした変化があったら、まっ先に気づいて、指摘することがだいじだ。彼女もあなたに好意を抱いているとするなら、なによりあなたに気づいてもらいたいと思っているだろう。それなのにほかの男性が先に気づいて、「ヘアスタイル変えたね、よく似合うよ」などと言ったりしたら、彼女の気持ちも揺れ動く。しかし、ここですかさず同調しておけば、まだ、株を落とさずにすむ。「ヘアスタイル変わったね」とでもだれかが言ったら、「ほんとだ、とてもよく似合うよ」と盛り上げることだ。あるいは、そうやってグループのあいだに割ってはいり、彼女の心をほかの男性から自分のほうに移し変えることもできるだろう。問題は、どうしたら女性の小さな変化にすばやく対応できるようになれるかだ。それには、自分も、ヘアスタイルや服装に気をつかってみるのも一法だろう。自分で服とネクタイの組み合わせなどにつねに気をつかっていると、女性がどこに気をつかっているか、自然によくわかってくる。*意践している彼女の外見上の変化は、他の誰よりも早〈指摘し、ほめてやる*他の男性が好きな女性の変化をほめたら、すかさず同飼し、その場の雰囲気を盛り上げる*彼女の外見のささいな変化に気づくには、男性も服装やヘアスタイルに気を使ってみる”なぜ、直接会ったときより、電話のほうが彼女と話がはずむのか相手の顔が見えない電話のか匿名性若い人のあいだで、恋人探しの場としては、ふだんより大胆なことをロに出しやすい心理を生む8伝言ダイヤルが大人気となり、いっかけても話し中だという苦情がに殺到したことがある。いわゆるテレクラも、一時的なプムで終わらず、あいかわらず健在のようだ。女性に直接話しかけることのできない気の弱い男性も、電話という手段を使うことによって、女性とのおしゃべりを楽しむことができるというわけだ。私の世代の感覚からすると、電話は、何か伝えるべき用件があるからかけるものであって、女性にかけた場合でも、デートの約束をしたら、「じゃあ、今度会ったときに」と、すぐ切ってしまうことがほとんどだった。しかし、いまの人は、まず電話でおしゃべりを楽しみ、そのうえで会うという段取りになるらしい。だから、パソコン通信で知り合い、パソコン通信で愛の言葉をかわし、直接会ったのは二、三回だけで結婚してしまった、というカップルが誕生したりする。そこまでいかなくても、好きな彼女と会っていると、会話がなかなかはずまないです。