女性のための危機ライン

まだまだ社会全体が封建思想の残津を色濃く残しているため、家庭内暴力といえば、本来従うべき子供が親に対してふるう暴力を指し、父親(または母親)が子供たちへ、夫が妻や共同生活者に行使する暴力には使われない。しかしアメリカでは、家庭内暴力といえば、通常配偶者や出会いアプリ で知り合った恋人、子供たちに向けられる暴力を指す。-年に三千人もの女性が負傷してい苔アメカでは、何かといえば男たちが酒場で殴りあう西部劇に描かれたような暴力文化ミルウォlキーでも年に少なくとも数人は夫または恋人に殺されるし、傷を負わされるがずっと続き、いまでもも映画も暴力ものはひきもきらないばかりか、現実社会でも殺人、レイプ、傷害などの暴力犯罪は人口当りにしても日本の数十倍にのぼる。家庭内や恋愛関係における暴力も例外ではなく、四組に一組には何がしかの暴力が存在しているとの調査結果すらある。

いままでに助けた女性と子供は

女性は二、三千人に達する。タライスそれゆえ、どんな小さな都会にも必ず女性のための危機ライン(生命の電話)や夫から暴力を受けた女性や子供たちを守るシェルターがある。ミルウォキーにも、そうした被害タ・ウイメγ・タ丸タフオ1ス者にカウンセリングする「暴行を受けた女性のための特別班」と計五人が収容できる二ヵ所のシェルターがある。この事業が始まったのは一二年前。女性解放運動の中で誕生ゥィ,ズ・コ1リシヨγウイズ・タヲイシスした女性連合に設けられた女性危機ラインにかかってくる電話の圧倒的多数が、夫や恋人などの暴力に傷ついた女性たちからだったため、特別班が作られた。はじめは一人の専門家に二人のグォランティアだけの小さなものだったが、いまは一二人のフルタイムに一五人のグォランティアを持つ大組織に発展している。年間予算は四万ドル。いままでに助けた女性と子供は五万人。最近は一年に七千人の女性と子供(うち子供は数百人)に何らかの援助をしている。

自分の身体は自分のもの

圃家庭内暴力は連絡してくる女性の三人に一人は病院に連れていかなくてはならないほどの傷を負い、中には手足や胸、腰の骨折、失明など、ひどいケスも少なくない。社会の問題かつては、家庭内暴力は、家庭の問題であり社会の問題とは考えられていなかった。しかし女たちが意識に目覚めるにつれ、自分の身体は自分のもの、誰にも犯す権利はないと考えるようになり、少しずつ社会問題であるとの認識が定着した。でもここ数年、この問題を取り扱かったものが時々放送される。